婦人

敏感な状態でも使える!デリケートな脇の黒ずみはクリームで消せます

3つのタイプがある

顔を洗う女性

成分表を見ておくと良い

洗顔石鹸には、大きく分けると3つのタイプがある。オーソドックスで定番なのは固形石鹸である。このタイプは昔ながらの製法で作られている。界面活性剤不使用で、肌にやさしいのが特徴である。チューブに入っているタイプもある。豊かな泡立ちでしっかりと汚れを落とせるのが良い。界面活性剤が入っているのが欠点だが、容器に入っているので衛生面では優れている。粉末状態のパウダータイプもある。扱いづらくて少数派だが、毛穴の汚れを吸着して落とす効果があり、ニキビができやすい人に適している。洗顔石鹸は実際に肌に乗せて試すことができないので、購入して後悔することもあるという。失敗のないように、成分表を見て何が入っているか見ておくと良い。

いろいろ試してみると良い

最近は各企業で環境を考えたシステムを取り入れている。その影響で、洗顔石鹸も自然派にこだわる人が増加しているという。界面活性剤や科学薬品、防腐剤は使用し続けると、肌にダメージを与えてしまうおそれがある。蓄積されると細胞が破壊され、肌のサイクルが害されるので、これらを使用していない商品を選ぶと良い。自然派洗顔石鹸の原料はさまざまである。ラベンダーやレモングラス、アーモンドオイルやココナッツオイルなど、ハーブや天然のオイルが使用されていることが多い。純度が高いものほど肌にやさしく価格も高価になる。逆に純度が低いものほど刺激が強くなり、手頃な価格で購入できる。金銭的なことを考えずに、肌のためにいろいろな商品を試してみると良い。